詩4

濁った目をした魚 空腹な旅の途中
頭でっかちの猿 運命におしつぶされそう

21Days 秋の風の中で
21Days 変えていけ海の色さえ
21Days あの幸せのイメージで さあ

ひきつれた 自分というお荷物
重すぎて背負えない
何度目の敗北また黒星を増やす

26years 変えられずに
26years 変えられそうもない
26years またいつもの毎日

相変わらずどこかにあると信じているユートピア
いつまで 信じる
いつまで 答える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください