手帳手記_20200615_月

 夕食の席でフレンズを見ながら書いている月曜の夜だ。


 人生を変えるのは難しい。
 具体的な言い方にすれば、生活、今までの悪癖、習慣を変えるのは難しい。
 何が難しいかって、まずこうやって立ち止まって考えることが難しい。立ち止まること自体が、この日常の中では難しい。


 また、こうやって立ち止まって考えることができたとして、次にどうやって行動を起こせばいいかがわからない。
 どう考えたらいいのかもわからないのに、何をすればいいのかもわからない。(そうすると、結局こうやって立ち止まることも無意味になる。)


 マア、待て、少し長くなるが、いくつか整理してみよう。

 まず、これまでの経験上、一日の自分の行動、考え方、気分に影響を与えるものは何か?
  ・食事
  ・環境(住まい)
  ・衣服
  ・周りの人間
 このうち、自分がコントロールできるのは最初の3つな訳だ。
 次に、何を変えたいかを考える。
 いくつかあるが、自分の場合は、言うまでもなく「アダルト依存の生活」だ。こいつを、「アダルトに依存しない」生活に変えたい。

 エート、それから、どうやって変えるかを考えてみる。これが難しい。ある本の著者は「ビデオゲーム」で抜け出すことができたと書いている。

 しかし、このビヘイビアが、遺伝的なものであると考える。考える。つまり実家で養われた悪癖だと仮定すると、すると、解決の糸口は、我が父から学ぶことになる。
 すなわち、我が悪癖が遺伝的なものであるとするならば、
 我が父が「やっていないこと」にブレイクスルーがある可能性が極めて高いということだ。
 (我が父がやっていることを自分がやっても、悪癖は解決しない可能性が高いということだ)
 そうするとどうだ。
 その仮定で行動するとすれば、何をする。何をしない?整理してみよう。

===
[編集後記 2020/09/22]
タイプしていて胸糞悪くなる考え方だよまったく。(自分で書いときながら苦笑)
MyFatherもろとも変わるようなプランを思いつけんもんかね?全く。
MyFatherから受けっとっているこれまでの愛情とか、期待とか、信頼とか、一度でも考えたことがあるのかね?
MyFamily全員を考えたうえでのプラン。全員を考えたうえでの道筋を、どうにか見極めたいもんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください