手帳手記_20200608_月

 6月の風に吹かれて昔の曲なんかがかかると、大学の頃や高校の頃のイノセントな時の感覚が戻ってきて、今の人生は全くとり返しのつかないことをしてしまったんじゃないかと思ったりする。


 そうするとまず思うのは、根の生えた生活をしたいということであり、根の生えた生活なら故郷で小学校の先生として生きたいということだ。


 ただ、そうすると過去2回も通信制の大学に入学したにもかかわらず、一つも単位をとれなかったことや過去の検討の経緯を思い出して足が止まる。


 村上春樹の昔の話、ジャズ喫茶で生活を立てていたなんて話を聞くと、良いなと思う。


 貧乏でもいいからこれがやりたいというものが自分にはない。


 おそらく、アダルトなものへの依存が切れないのは、そのせいなんだろうと直感的に思う。
 本能的に、どうしてもやりたいこと、これができたらお金なんていらない、なんてことが毎日できていたら、自然と満足した毎日が過ごせるはずなんだ。
 今はというと、何も起こらないのに、ただ何かを待っている。そんな無駄な日々を意味もなく消費している。


 理想で言えば、この部屋から引越しして、静かな部屋で生活したい。

☆良いなと思ったことをまずやってみる
 →美術:神保町へ行く
 →ランニング

☆良いなと思った場所に住む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください