創世記

 ラジオ局にこんな話が入ってくるなんて、予想もしてなかった。今朝上司からその「ビッグ」な
話を聞かされたのだ。
 「今ってさあ ぶっちゃけ、東京とか大阪とか、主要都市に人が
集まり過ぎてるだろ?」「ハァ…。」「そいでさ、そうすると、例えば災害があった時なんかに困る
らしいのよ。」「そうっすね」「で、地方活性化?みたいなことを企画してくれないかって国がさ」
「けど、何でウチにそういう話が来るんですか?」「そりゃ、ラジオ聴いてるやつの年齢層が広いからだろ」
 ってな訳で、入社一年目の僕がこの企画を考えることになった。といってもアレだ
別に僕一人だけじゃなく全国のFM局にこの依頼が来てるらしい その中で、一番
良い企画をやろうって訳だ。つまり、ある種のコンペだな。
 「地方でライヴ大会を開催する」「地方特色の食材で料理大会をやる」・・・etc. この一週間で
僕が出した案は全部ボツだ。上司曰く、「お前らは皆同じ頭してんのか 他の局も同じ様なもんバッカなんだよ!」
ちょっとした「相打ち」状態なのだ。しかし、これ以上は何かを変える必要があると判断した僕は
今までと違う作戦に出た。
 「・・・。」「どうですか?」「こりゃ おもしろいけどなぁ、予算が
でるかねぇ。」作戦とは結局、同じ様に悩んでる地方の新人達に声をかけて、皆で考える
というものであったのだ。そして捻り出された企画が題して「無人島創生プロジェクト」である
 「いや、スゲーことになって来てるよ。日本も捨てたもんじゃないな」と上司が漏らした。
過疎地域には本当に誰も居ない状態の場所がある まずそこに人を「集める」のではなく
「住みたい人」を募集するのだ。「この場所はあなた達の好きな様に変えてもらって構いません。しかし
農業、工業、林業など、この地域のみで自立した状態にしてもらうことが条件です 組織のつくり方
などがわからなければ こちらから専門家を派遣することも可能です」
―2/25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください