「She」

ミドルテンポのジャズを聴きながら書いている25時30分。

ラフに行こう。

ラフなトークで行こう。

そう。思った。

アアアアアアアアアア。

アアア。

思うに。俺は物語にこだわっている。

出会いの物語に。

世の女性にさ。

「なんか楽しいことないかなぁ」なんて、言って、ずっとスマホの画面を

見つめて欲しくないと俺は思ってる。

このコ、家で自棄になって、さ、自画撮りなんてしないでくれよ。

とか、心配になるんだが。

過去にそんな写真見てた俺は、道化も良いとこだ。あるいは。

いかんせん。そんなこと考えると頭がおかしくなりそうさ。

ヘイ、レイディズ。アンド、ガールズ。やけになっちゃ、いけないよ。

あなた方。ものすごく美しい。そのままでも。さ。あなた方、すごくきれいさ。

だから。一時的な、さ、人恋しさで、自分を安く身売りするような

そんなことしちゃ、いけないよ。プリーズ。しないでくれよ。あんた達は美しい。

美しいよ。大丈夫。なんつーか。take easy。大丈夫さ。春がじき来る。―12/9(水)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください