「My Honesty はどうだ?」

今日も書いてる。
サン・テグジュペリの言葉「ぼくがこれほど あなたに執着してるのは、
たぶんあなたを自分で勝手につくりあげているからだ。」ってのがある。
真にその通りだ。 その通りだ。
一回、ちゃんと彼女の顔を見てみよう。まじまじと (一回だけね。)
僕には責任がある。 僕に好意を寄せてくれている、有り難い他の
女性に対しての。
簡単におざなりにはできない。 ちゃんと見たことも無い女性の事
が好きだから、 あなたの好意は受け取れない なんて、失礼な話
じゃあないか?
戦うとは相手をまずよく見ることだ。 ってポットさんは言ってた
けど。* そう、逃げちゃダメなんだ、 これも。
俺は、好きになってくれる人なら誰でも良いのかな?
わからん。 そうかもしれん。 女性の好意ほど暖かいものは無い
からな。 そう。 だからこそ、 有り難いと思うからこそ、自分も誠実に
ちゃんとその好意に対して、応答すべきなんだな。 して、 今は、
雰囲気だけの気になる人の為に、その人の好意を、 気持ちを傷つけ様
としてんだな。 だから、まず、本当に好きなのか?を確認する為に
アクションを起こす必要があるんだ。 有り難い事だよ、本当に。 ありがとうございます。
Thank you for your kindness to me。 ―10/19(日)
[へ、へんしゅう後記!]
大事なのは「アクションを起こす」こと
結果はそんなに大事じゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください