「あるカフェで」

机に向って応募するための原稿を書いていた。
すると カフェラテを手に持った、赤い口紅の人が語りかけてきた。
「ここ、座ってもいい?」 僕の目の前の席だ。 他にも席は空いてる。
けど、 「どうぞ」 なんて言ってしまった。 机の上は僕の筆箱やら、ノート
やらで、彼女のカップを置く場所なんて無いっていうのに。
「さっきから見てたわ。」 ふーん、そうか。と僕は思った。 「何、書いて
るの?」 物好きな人だな。 平日のスタバで書き物をしている人なんてごまん
と居るっていうのに、わざわざそんなことを尋ねるために、僕の向かいに座るなんて。
「あの、新人賞があるんです、講談社の。 それに応募しようと思って。」
「へえ。 小説か。 ・・・それで、 どんな話なの?」 そういって彼女は
コーヒーを少しすすった。 僕は改めて目の前にいる彼女に視線を向けた。
ショートカットの髪、小さな鼻、耳にイヤリングをしてる。 赤い口紅と思ったのは
間違いだったらしい。 文句無しの美人だった。しかも僕好みの。
「あー。 えーっと。 それを今、考えてたんです。」
そこまで言って、僕も一口、 カフェオレをすすってみた。
なんとも、 なんともな展開じゃあないか こんなことがあるなんて
しかし、こう突然こんなことが起こっても 何を話せば良いんだろう?
「あの、・・・」 と僕は言ったが 彼女はすっと席を立って向こうへ行って
しまった。 ビジネススーツの男性が入ってくるのが見えた。 どうやら、時間つぶし
だったらしい。 ―8/21(木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください