FROM RADIO 2020/06-07

GoGo Penguin – Atomised

Foxes – Love Not Loving You

大滝詠一 – 君は天然色

Bon Appetit – moumoon

Natalie Merchant – Kind and Generous

Alice Childress – Ben Folds Five

大滝詠一 – 楽しい夜更し

Citrus Sun – Expansions ※音源なし

FROM RAIDO 20200630

中島美嘉 – HELPLESS RAIN

怪獣の花唄 – Vaundy

HYMN TO FREEDOM – 小曽根真

Joe Sample – Black & White <WARNER BROS. WPCR-639>

Bryan Adams – Heaven

大貫妙子《メトロポリタン美術館》

【深夜推介-大貫妙子《メトロポリタン美術館》】女兒最喜歡NHK的みんなのうた,最近常常播放這一首1984年非常有名的兒歌,叫《メトロポリタン美術館》。女兒一聽就愛上,不停重播,我自己也是,晚上聽特別治癒(雖然木乃伊跳舞一幕有點恐怖,哈哈~)。作曲作詞主唱由大貫妙子(おおぬき たえこ)一手包辦,她是1971年昭和時代的唱作歌手。送上這首歌,祝大家晚安~(我不懂得剪接,所以這裡前後有兩首歌,第一首是《メトロポリタン美術館》,第二首是《天の川》)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~《メトロポリタン美術館》作詞:大貫妙子作曲:大貫妙子大理石の 台の上で天使の像 ささやいた夜になると ここは冷える君の服を かしてくれる?時間旅行は楽しメトロポリタン美術館赤い靴下でよければ 片っぽあげるエジプトでは ファラオ眠る石のふとんに くるまって呼んでみても 五千年のもっと沢山の歌詞は夢を今も 見続けてる時間旅行は楽しメトロポリタン美術館目覚まし時計 ここにかけておくからバイオリンのケース トランペットのケーストランクがわりにして 出発だ!時間旅行は楽しメトロポリタン美術館大好きな 絵の中に とじこめられた

Mayiさんの投稿 2018年1月15日月曜日

メトロポリタン美術館 – 大貫妙子

THE RAINBOW SONG – 種ともこ

矢野顕子 – さすらい

手帳手記_20200612_金

 不思議なもので金曜は心が安定する。
 心が安定すると、筋トレしようかと思う。
 筋トレすると不思議にやる気が戻る。それは自分の成長を感じられるからだと思う。

 不安を誰かに言うと心が軽くなるもんだ。

手帳手記_20200610_水

 昨日、今日とまたやっちまった。
 そしてまた風呂の中で書き始めた今だ。

 最後のメモでは、ありありとその状況がレポートされているが、ここでもう少し追記しておこうと思う。

 まず、メモでは、こう書いている。
 『アダルトなものがマイナスされた毎日を、当たり前のものとして受け入れるしかない』と。

 これができたら、今は5週目に王手だった訳だが、コトはそんなに簡単ではない。

 昔、この状態をダムにたとえたが、あらためて同じ状態を体感してみると、少し違うと思った。
 
 この状態は言わば、身体の中のバネ(大きくてとても強い)が、一日ごとに上から力をかけられているようなもので、最後のメモの状態は、この力を溜めに溜めた状態のバネが、身体の内側からプレッシャーをかけてくるかのごとく、とてもじゃないが、制御できるものではなく、また、簡単に消えるものではないのだ。
 
 矛盾しているかもしれないが、その積み重ねた日々こそが、そのバネの力を大きくし、XDAYの到来をまぬがれないようにしているとも言えるのだ。
 
 もし、もう一度、(今思い出せる範囲で)その状態になったとしたら、どうやったら別の結果になっていただろう?


 まず最初に言えることは、王道だが、やはり、「クリック一つでアダルトなものが見れる状態」をつくらないこと、
 「どうやっても、(物理的に)アダルトなものが手に入らない状態をつくり上げていること」だ。
 おそらく、自制心ではもうムリだと思う。

☆別のことを考える×3日
□タバコを吸う
□誰かと3日以内に会う約束を立てる

手帳手記_20200609_火_トリトメのない話2020

 久々にJETSTREAMで書いている平日の昼14:17だ。


 連日の在宅ワークでやる気が底をついている。
 アダルト断ちも、ついに4週目に入り、ついに禁断症状が出始めた。刺激物がノドから手が出るほど欲しくてたまらない。それのことばかり考えてしまう。ヤレヤレ、完全に十数年分のツケだな。


 ただ、まがりなりにも久しぶりにここまで来たのだから、どうせなら次のステージまで進みたいのが人情だ。
 だが、これまでの経験上、「ただ我慢する戦法」では先に進めないことは明白だ。何か手を考えないと。何か、別の手を。(あるいは、こうやって毎日書くのも、手の一つかもしれない)


 村上春樹はエッセイの中で必ず禁煙できる方法というものを書いている。
  ①3週間仕事をやらない
  ②言いたいことを言う
  ③食べたいものを食べる
 というものだ。これが満たせれば、彼は必ず禁煙できるという。
 はたまた残念なことに、俺がやりたいのは、アダルトなものを見ないで一生を過ごすことじゃない。
 その代わりの何かを欲してるんだな。
 そして、その代わりがすぐに手に入らないから、元の状態に戻ろうとしてしまうんだな。


 そんな虫の良い話はなく、今の自分にできることは、代わりを求めず、ただ、いつもの日常から、アダルトなものが引き算されたこの状態を当たり前のものとして受け入れることだ。
 この足りていない状態が当たり前だと。

 これはかなりしんどい。
 なぜなら、今まで当たり前にあって、今でも手を伸ばせば届くところにあるものを、無いものとして扱わないといけないからだ。これはしんどい。何でこんなしんどいことしなきゃならんのだと思うほどしんどい。これは、いよいよだ。
 3週間前まで、アダルトなものを止めることが目的だったのが、4週目になって、その目的の意味を考え始めるからだ。
 しかし、その目的の意味はと言うと、「何が良いことが起こると思うから」という完全なフィーリングであって、明確な意味はなく、ましてや、今に至ってはそのフィーリングも感じられないのだ。


 そうすると、これから先、何か別の、当初のフィーリング以外の意味を見つけなくてはならん。俗に言う、動機付けというやつが。
ただ、何にもまして、フィーリング以上に意味のあるもの、モチベーションとなるものも少ない。

 フィーリングこそが、この3週間を続けさせていることを忘れてはならない。

 「~すれば良いことが起こりそうな気がする」
 そんなフィーリングを見つける、感知する他ないな。

手帳手記_20200608_月

 6月の風に吹かれて昔の曲なんかがかかると、大学の頃や高校の頃のイノセントな時の感覚が戻ってきて、今の人生は全くとり返しのつかないことをしてしまったんじゃないかと思ったりする。


 そうするとまず思うのは、根の生えた生活をしたいということであり、根の生えた生活なら故郷で小学校の先生として生きたいということだ。


 ただ、そうすると過去2回も通信制の大学に入学したにもかかわらず、一つも単位をとれなかったことや過去の検討の経緯を思い出して足が止まる。


 村上春樹の昔の話、ジャズ喫茶で生活を立てていたなんて話を聞くと、良いなと思う。


 貧乏でもいいからこれがやりたいというものが自分にはない。


 おそらく、アダルトなものへの依存が切れないのは、そのせいなんだろうと直感的に思う。
 本能的に、どうしてもやりたいこと、これができたらお金なんていらない、なんてことが毎日できていたら、自然と満足した毎日が過ごせるはずなんだ。
 今はというと、何も起こらないのに、ただ何かを待っている。そんな無駄な日々を意味もなく消費している。


 理想で言えば、この部屋から引越しして、静かな部屋で生活したい。

☆良いなと思ったことをまずやってみる
 →美術:神保町へ行く
 →ランニング

☆良いなと思った場所に住む

手帳手記_20200604_木

 不思議なもんで、縄跳び3分×3セット、6kgのダンベルを持ってスクワット40×3セット、3kgのダンベルを持って背筋30×3セット、腹筋20×3セット、腕立て20×3セット(両方とも足を椅子に乗せて)をして、風呂に入ると昔の楽しかったことを思い出してまたちゃんとやろうと思う。

手帳手記_20200531_日

 ついに風呂の中じゃなくて夕食のテーブルで書いている。サラダとカツオのたたきを前に。


 アダルトなものを排除する生活、筋トレ、家計簿。この3つのうち、どれかが継続できていればいいと思っているが、ウィンドウズのトランプゲームで一日を過ごしている状態には、すこし、いや、かなり、見直しが必要だと思うな。


 俺が今欲しいのは、不意に天井をドンと突かれない、階下の住人になぜか、居場所を知られているなんてことがないふつうに考えれば、当たり前の生活だ。
 しかし、なんと、これまで、生活してきた四つの家、はたまた実家でも、同じようなことが起こると、自分になにか問題があるのではないかと考えてしまう。
 現実的に、そんなことはない(友人もいる時に起こっている)から、これはもう何かの試練かなにかなのかもしれない。


 少しずつ変える。イラストレータの専門学校でも受けてみようか。

手帳手記_20200602_火_宿痾

 毎日、在宅ワークが続くと、どうにも生活の中に彩りというかメリハリというか、リズムが生まれない。
 そのあげく、朝は9時近くまで寝て、夜は19時半くらいまでパソコンに向かうなんて生活を繰り返しているが。


 どうやら2週間ほどたつと、体の中からドーパミンが抜けて、だるさや、倦怠感のようなものが生まれるらしい。
 そして、あるいはコレが、先週の記事に対する「ハングリー感」なのかもしれない。
 
 どうにもこのハングリー感というものは、アンコンフォートな状態だ。
 つまり、満たされなさやもの足りなさ、つまらなさといった状態が続くのだ。
 そうすると、そうすると、2週間前に書いた、「何か起こりそうな気がする、アダルトなものを2週間断てば」という気持ちは一切消え、いわんや、じゃあこのままずっとやってやろうなんて気持ちも起きないのだ。
 

 そうすると生まれてくるのはリセット願望というやつだ。
 「こんなつまらん、しんどい状態は嫌だと無意識に(本当に、ほぼ意識はなく、虚ろな状態なのだ)アダルトなものを欲し始める訳だな。
 そして、1時間後には、アーア、と言いながらまた同じことを繰り返す訳だ。(本当にウンザリするが)


 そして、そんなことを繰り返して今はもう30になろうとしている訳だが。


 [2020/06/03 編集後記]
 ・天気晴れ
 ・部屋の掃除
 ・テレカンでの打ち合わせ
 ⇒これで、この気持ち(満たされなさやもの足りなさ、つまらなさといった状態)はきれいに無くなったことを記しておく

手帳手記_20200529_金_my home

 しょうこりもなく、風呂の中で書いている。特に書きたいことがある訳でもないのだが。

——
 例えば、スーパーのレジに並んでいるとする。
 左の方から若いコ(この「若いコ」という言いかたはオッサンくさいと指摘されたなそういえば)が来るとする。
 彼女は髪をかき上げてちらっとこっちを見てくれたとする。
 俺はといえば、そこで彼女に目を合わせるのがはずかしくって目が合わせれられず、気付かないフリをして前を見ている。あるいは、ちらっと彼女の方を見て、視線をすぐそらせてしまう。

 そういう好機を俺はすぐに、いつも、逃す。
 そして、自宅のマンションの階段をのぼりながら、あの時、しっかり目を合わせて、声をかけてたら、なんて思ったりする。

 いくら女性がチャンスをくれていても、俺につかむ勇気や力が無ければ、本当、申し訳ないよ。
 シカモ、この勇気のなさってのは、(ハングリー感のなさってのは)つまるところ、アダルト依存の代償なんだから、グウの音も出せないくらい自業自得だね。(ちなみに今週末で2週間断ってることになる)

——
 スーパーなんかで小さな子どもの居る家族連れを見ると、自分の子どもの頃を思い出す。
 そして思う。あの頃の幸福感を、例えば俺が結婚して家庭を持った時につくり出すことができるだろうか?と。
 
 5~6歳くらいのころの我が家族の幸福感といったらなかった。(今振り返るとだが)
 そして、最近になって、その頃、幸福過ぎたから、その頃と対比して、今がより不幸せに感じるのではないかと思う。

 母のことは大好きでいつもまとわりついていたし、兄のことも大好きで、いつも一緒に何かやってた。
 そして、夜になるとFatherが帰ってきて、よりいっそう家の中が楽しくなったものだ。
 
 本当に思う。
 同じ男として、彼は、父は、Father、あの人は、一体、どうやって、いや、あの二人は、いったいどうやって、あんな不変な安定感を出して、維持していたのだろうか?と。
 (おそらくだが)今の自分よりも、二人の仕事の方がはるかにしんどく、給料もそこまで高くなかったと思うのだが、一体、どうやって?と。

 それは、あるいは、彼らが、あの二人自体が、楽しんでいた。幸せだったからに他ならないのかもしれないなと、風呂の中で一瞬思ったりしたが真偽のほどはわからない。

手帳手記_20200526_火_腰の重い男

 借りてきたDVDも、読みかけの小説も全部なくなったら、22:20にもかかわらず、ベッドの中でこうやって書くしかないのかもしれない。

——
 「そりゃ確かにアプリ使ったら早いやろうけど…」
 私がもうアプリを使って恋人を探すしかないとぐちった時に彼女はこう言った。
 しばしば、その、「けど…」の後の余白が思い出される。
 
 まだアプリには手を出していないが、その「けど…」について考えてみると、一つの結論にたどりついた。
 それはつまり、「けどそれじゃドラマがない(あるいは、ロマンスがない)よね」ということだったんじゃないかということだ。
 たしかにそれは言えている。そして、もう一度考えてみると、それは形式の話なんだなということに気が付いた。
 
 つまり、音楽を、iPhoneのストリーミングで聞くのか、ラジカセで聞くのか、CDで聞くのか、あるいは、レコードで聞くのかということと同じだと。
 
 「誰かと付き合う」ということについて、私みたいな古くさい男は、その出会いに含まれるドラマだったり、ロマンスも含めて、味わおうとしているのだ。
 それは、現在において曲をレコードで聞くかのごとく、手間で、形式ばったものなのだ。
 イマドキの一部の人にとっては、曲は、iTunesで秒単位でダウンロードし、iPhoneですぐさま聞く。
 同じように、恋人は出会い系アプリで探し、すぐにマッチングの出会いを得る。

 そう、アプリでの出会いは何というか、時代にそくしていると思う。
 その一方でナゾのこだわりを持つ一部の少数派はと言うと、音楽を聴くだけでも、こだわりを発揮してレコードで聞くのだ。それは、音楽をきくまでの過程や、一連の形式も含めて味わいたいからに他ならないだろう。
 同じように一部の人間はアプリではなく、偶然や縁にまかせた出会いを選ぶ。それはやはり、出会いに含まれるロマンスを味わいたいからに他ならないのだと思う。

意訳_Free_All Right Now

Free – All Right Now

——————–
その道に彼女は立ってた

つま先から頭まで笑っているようだった

俺は言った ヘイ これはいったいどういうことだ

今じゃ、そう、彼女はたぶん俺のキスを必要としているんだ

俺は言った 君、なんて名前なんだい

直感したよ、俺たちはうまくいくって

待ったりためらう必要なんて無いんだよ

パーキングエリアのメーターが上がる前に行こうぜ

Baby 今だ 今なんだよ
Baby 今だ 今なんだよ

Baby 今だ Baby 今なんだよ
Baby 今だ Baby 今なんだよ

俺は彼女を連れてきた

彼女のすべてを見ていた

彼女は言った そんなに見つめないで 恥ずかしいでしょと

俺は言った ゆっくり、ゆっくり行こうぜ 愛は続くと思うかい

彼女は言った 愛ね 道中にあるんじゃないかしら

今じゃ、そう、君が俺を落とそうとしているんだぜ

Baby 今だ Baby 今なんだよ
Baby 今だ Baby 今なんだよ

手帳手記_20200526_火

 書くべきか、読むべきか、それが問題だ。

——
 専門分野の勉強をしていると、自分がいかに無知で理解力に乏しい人間かということに嫌というほど打ちのめされることになる。

——
 朝、気持ち良く二度寝なんかしている時に、ベッドの真下(心臓のところ)から、ドンという突き上げをくらう訳だが。
 そうすると、一日中、下の住人にどうやって仕返ししてやろうかと考えたりする。

 いや、正確には、本能的にイライラして、他のことが考えられなくなると言っても良い。

 これは危険な兆候だ。
 一時的な感情に身を任せて行動すると、良くない結果がついてまわると、嫌というほど過去に経験しているにもかかわらず、どうすることもできなくなるのだ。

 もちろん、一時的な抑制は可能だが、仕返しをやめるということはない。

——
 しかし、そう、一方で冷静な頭の部分が「そんなことを考えることに時間をつかって何になる、全くの無駄じゃないか。マトモなやつの考えることじゃないよ、もうこんなこと考えるくらいなら引越そうぜ」と言っているのも理解している。

 最近はその意見に従う方針だ。
 だけど今朝の仕返しは忘れるわけにはいかない。
 という具合なのだ。

——
 村上春樹の「騎士団長殺し」を読み終えた後、30歳になった今、からでも何か書こうと思った。エッセイでもルポでもなく何か小説を。
 この世の中で、どんなものであれ小説というものが存在している、あるいは人に与える効果というものは、そう、絶やしてはいけないと直感的に思ったのだ。

 そう、それが階下の住人から不意にドンと真下から突き上げをくらうような生活であっても。
 小説というのは一時的であれ、現実を忘れさせ、物語の世界に私達を導いてくれるがゆえに尊い。

 そのような小説を生み出せるようになりたいと、そう思ったのだ。

手帳手記_20200522_金_中身のない男

なにか、自分にとって都合の良いことばかりが、
あるいは良いことばかりが起こると、
何かの前ぶれではないかと思ってナーバスになる。
ウヌボレがノドもとまで来ている自分に対して、それを受け入れまいとする気持ちと、あっけなく受け入れようとする自分がせめぎあう。
俺は何をしているんだ
俺は何をしているんだ
俺は一体何をやっているんだ。

ちやほやされれば素直に嬉しいのだが、それで足元を踏みそこなっちゃ本末転倒だ。
何をやってる?
何をやろうとしている?

思えばそう、いつか書こうと思っていたんだが、
俺は、承認欲求が強過ぎる。
誰かのYesに飢え過ぎている。
それがないとひどすぎるくらいナーバスになる。
それは、言いかえれば自分の芯がない。
行動の指針が誰かの承認になってしまっている。
(愚かなサラリーマンの行く末だ)
評価という飴の中毒者。
自分にとって、自分をどうしたいか、どこに向かっているのか、
今さらかよと思うかもしれないが、
このままじゃ、何もない男になってしまう。

手帳手記_20200518_月

 言い訳をする気じゃないが、土日とまたやっちまった。
 それでも6kgのダンベルを持ってスクワット30×3セット
 足上げ10×3セット
 (足を椅子に乗せて)腹筋30×3セット
 (足を椅子に乗せて)腕立て15×3セット
 するってのは、一体、何を考えてんだろうね?

 最近読んでいる本に宿痾という言葉が出てきた。
 言わば、宿命みたいな意味だ。

——

 状況としての孤独というのは、思った以上にストレスが大きいのかもしれないなと今さら思った。
 それは、人を強制的に何かに依存させてしまうほどに。
 (しかしこのまま誰かとお付き合いすることになったとしたら、その人に依存してしまうのは目に見えているな)
 
——

 この土日を通して、こう考えた。
 つまり、今までとは取り組み方を変えなければいけないなと。
 
——

 例えると、今までは、ダムの水が決壊するのを止めるために、放流口を強化したり、水が溜まらない方法を試していたのだ。
 
 だが、今、確実に言えることは、それではダムの決壊は止められそうにない、どうやっても、ということだ。

——

 それはつまり、孤独という状態が既に強いストレスとなっているなら(ダムに大量の水を注ぎこむ原因となっているなら)、いくらダムの周りを強く囲っても、ダムの放流口を強化しても、決壊するのは時間の問題だということだ。

——

 一言でいえば、
 孤独でない状態、日常的にあるいは定期的に誰かと会話したり何らかのコミュニティに参加したりすることが、今考えられるもっとも有力であろう策なのだ。

——

 そしてそのコミュニティなりでの会話は、「本心」つまり、偽りのない自分が出せる必要があると思うのだ。裏表のない自分が。

——
——

不思議なもんだ。昨日と一昨日ヤッチマッタっていうのに、
筋トレして風呂に入ったら、また2週間やってやろうという気分になる。
つまり、やっぱり、アダルトなもの断ちを続ければ、何か、良いことが起こるんじゃないかという気になるのだ。

「彼女」

 DVDを借りてTSUTAYAから出てきて自転車のチェーンを外してライトをポケットから取りだして付けた後、スタンドを起こして後ろを確認すると、十代のカップルが通り過ぎるところだったので少し待った。
 彼らが通り過ぎた後、細くて人通りの多い道なので自転車を押してその後に続くと、カップルの男の方が女の方に何事かささやき、笑っているのが見えた。もう少し進むと、まず男の方が後ろをふり返り、女の方も後ろを振り向いた。
 ヤレヤレと思いつつ、そのまま進んでいくと、男の方がもう一度ふり向いて、わきの道にそれて行った。

 「笑われてたね。」
 いつのまにか近くに来ていた彼女が言った。
 「そんなバカな。」ぼくは少し薄い笑い声でそう答えたが、内心はヤレヤレと思っていた。
 
——

 金曜の夜は彼女がやって来る。それは、僕がつくるカレーとサラダのためではあるまい?いや理由はわからないのだが、彼女はこの2ヵ月ほど、ほぼ毎週のようにやってくる。

——

 エレベータのないマンションの5階まで階段であがる。
 僕は彼女の買ってきた食材のレジ袋を抱えて。
 彼女はカツカツと軽快な足音を立てて。
 玄関に入ると、まず食材を片付けて、夕食の準備にとりかかる。
 だいたいいつもカレーだが、何をつくるかは、彼女が買ってくる食材次第だ。
 そして、彼女は先にいそいそと風呂を沸かし、僕が調理している間にゆっくと湯船につかる。
 文明の力で音楽でも流しているのだろう、いつもラジオや音楽なんかの音が台所まで聞こえてくる。

——

 仕込みが完了すると、僕は彼女と入れ替わりに風呂に入る。(いつも花の匂いの入浴剤が入っている)
 そして、風呂からあがると、二人で食事をする。
 僕の借りてきたDVDを見ながら。
 
 あんまり話はしない。
 時おり、彼女が女優や俳優へ向けるつっこみに相づちをうつだけだ。

——

 だいたいいつも、食事が終わると、ナッツなんかを食べながら晩酌が始まる。そのタイミングで彼女が僕の腕の中に入って来る。
 だけど、やっぱり会話はしない。ただただ映画を見続けている。

——

 そして映画が終わると、(完全に酔っぱらうと)狭いシングルベッドを彼女に明け渡し、僕はと言えば、床にゴロリと横になって、オナサケでもらう毛布で寝るのだった。

―2020/05/15 金

手帳手記_20200515_金

部屋の温度は28度。湿度は23%。硫黄の影響かは知らんがアレルギーが出て鼻水が止まらん。アダルトなものを最後に見たのは、12日前。なんてこった。身体に力が入らない。オマケに、仕事中なのに。