作成者別アーカイブ: new

「頭がイタイ」

 こうやって書いているということは、まぁ、何かあった、ということなんだが。
 違和感。それは土日の夜の食事なんだが。毎週ひとりで料理とお酒を用意して、DVDを観ながらひとりでとる食事。そんな日常が続いていた。
 そんな日常はさびしすぎないか?
 そう思ったのが始まりだ。

*** 編集済み ***

 まぁ、その3つがあって、イヨイヨ少し考えた。どうする?と。
 とりあえずランニングに行ってみた。

 嵐だったり木村さんも24のコにモテることは今難しいだろうなと。
 ただ、彼らが30代の時は、努力をしていてその結果、当時めちゃくちゃモテてたんだろうなと。

 少なくとも後ろめたいことは無い状態にしたいと。

 しかし、それはとても難しい。なぜなら、今までやろうとしてできなかったことだからだ。
 アルコール
 アルコールはまず抜く。
 
 自己効力感 → 書くこと
 
 1日目から書いてみる。

===

 一周回ってまた書いているGW、4日目の月曜の夜だ。
 ため息ばかり出る。
 そしてiPhoneが見れない。
 声をかけた女の子からLINEの返信が無いことをおそれているのだ。
 もし、返信が無かったら、その時の心理的なダメージを想像すると、恐ろしくてアア、とても見れないのだ。
 
 こんな状況を打破するために、心を強くするために、始めたのがこのペーパー1枚を自分に課す行為だ。
 
 心を強くするには、つまり自信をつくる必要がある。
 つまり、自己効力感(自分の人生、自分自身をグリップできている、という感覚のこと)を高める必要があるということだ。
 そのためには、AVをみる生活じゃなく、
 ウシロメタイことをしない生活をすることだ。
 大学生の時は、USBのWiFiアダプタを捨てることで実現していた(つまり、物理的に、インターネットにつながらない状態をつくっていた)
 
 今は、それが難しい。
 だから、別のアプローチとして、根性論で行くしかないかと。
 
 「自分をグリップできた経験」
 つまり、自分で自分を自制できた思い出をくりかえすわけだ。
 
 そのために1ページ毎日1枚書いていくことで「できた」という経験値を上げようと思った。という次第だ。
 
 ―「頭がイタイ」

2022-05

2022/05/01(日) DAY1
     
2022/05/02(月) 頭がイタイ DAY2
2022/05/03(火) アルコール飲まない。1日1ページ書く。自分をグリップする。 DAY3
2022/05/04(水) 1つ DAY4
2022/05/05(木) I wanna proud DAY5
2022/05/06(金) I’m proud DAY6
2022/05/07(土) No Title DAY7
2022/05/08(日) TEL DAY8
     
2022/05/09(月) ススミダス→ DAY9
2022/05/10(火) 火曜日 DAY10
2022/05/11(水) My Way DAY11
2022/05/12(木) 濃い味の日常 DAY12
2022/05/13(金) RUNNING中 DAY13
2022/05/14(土) 体質改善の夜 DAY14
2022/05/15(日) 心が大変な時に DAY15
     
2022/05/16(月) GRIP MYSELF DAY16
2022/05/17(火) I’m lost in the way. And get into labyrinth. OMG. DAY17
2022/05/18(水) I’m Now DAY18
2022/05/19(木) 21時のRUN DAY19
2022/05/20(金) 何か新しいこと ― Other day, DayDream, Closed Heart ― DAY20
2022/05/21(土) [NoTitle] DAY21
2022/05/22(日)   DAY22
     
2022/05/23(月) 心に聴け DAY23
2022/05/24(火) アズ ヒューマニック DAY24
2022/05/25(水) あっというまの水曜日 DAY25
2022/05/26(木) DAY27 DAY26
2022/05/27(金) DAY27
2022/05/28(土) DAY28
2022/05/29(日) 心の重さ DAY29
     
2022/05/30(月) I’m tired with some woman. DAY30
2022/05/31(火) 次の10日間 DAY31

FROM RADIO 20210505

SUGAR – SERPH
★★★★★ 最高過ぎる

Quebonafide feat. Daria Zawiałow – BUBBLETEA (prod. Duit)

監獄ロック 平尾昌晃・ミッキー・カーチス・山下敬二郎

FreeTEMPO – Sky High

https://music.youtube.com/watch?v=fC7v2-grh0I&feature=share
BANGER – DYGL

Rocket Man (I Think It’s Going To Be A Long, Long Time)

FROM RADIO 20210223

Bob Sinclar & Cutee B. Feat. Gary Pine & Dollarman – Sound Of Freedom

LUV(SIC.)PT.3 – NUJABES FEAT.SHING02

SEEKER – 上原ひろみ THE TRIO PROJECT ※音源なし

Pale Waves – Fall To Pieces

MIDNIGHT BLUE – 加藤和彦 ※音源なし

sakai asuka – Fashion feat. Ely Bruna ※音源なし

Chaka Khan – I Know You, I Live You

黒木渚 – 革命

Kroi – HORN

100 gecs – toothless

世界の秘密 – Vaundy

Tune-Yards – hold yourself.

FROM RADIO 202009

Genhuukei.(原風景)Mewtant Homosapience.FUNI,INHA,OCTOPOD

Keri Noble – Talk To Me

U2 – Stuck In A Moment You Can’t Get Out Of

Tokyo Ska Paradise Orchestra “Kimi to boku”

Steph Pockets / My Crew Deep Together feat. Ai Ninomiya

Break My Heart / Cosmic Girl

手帳手記_20200920_日

両国の秋の風に吹かれると、久々にセンチメンタルな気分になって、また、何か書こうかなんて思ったりする。
なんともう30になってしまった。
つまり、ハタチになってから、10年も経ったということだ。

恋人までの距離
壊れた恋の直し方
そんな彼なら捨てちゃえば?
噂のモーガン夫妻

手帳手記_20200828_金

飲むなら持つな
持つなら飲むなって
心がけで、郵便ポストにiPhoneとWifiを入れて帰ってきたけどね。

何十週間かぶりに書いている引越し先の風呂の中だ。

30歳の今となって求めるものはと言えば、
一周回って、オーディナリィ。
普通の暮らしに行きついた。

階下の住人に対して常に仕返しを考えなくても良い生活。

手帳手記_20200717_金_DAY6

久々に書いている風呂の中だ。
違約金の話がついたから
さっさと引越しを進めている。

—–
良いことが、10個、起こっているにもかかわらず、
気分はなんかブルーって日はないかい?
今日はそんな一日だった。

心の位置がどうにもおかしい。
評価もされて、仕事も、人間関係も良好で、引越しの話も上手くまとまっているのに、ブルーって。
必ずどこかに不満を探してしまうのだろうか?

近所にお寺が並んでいる通りがあって、
そこを通るとどうにも、心が落ち着く。
まさに言葉の通り、心と、身体があるべきところにおさまるというかんじだ。

=====
金曜日、なんだか心が落ち着かない日、
ブルーな夜は、彼女の店へ行く。

彼女が一人で経営しているバーに。
彼女は私が入ってくると、
隅の席に通してくれる。

そして、他の客から、ジロジロと私の顔をながめまわされないようにと、
自然な形で目隠しをしてくれるのだ。

はたして彼女たちにどれだけ救われているだろう?
恋人でも、好みのタイプでもない男に手を差し伸べてくれる彼女たちには本当に感謝しかない。

その感謝の気持ちで今日も筋トレをする訳だが、いかんせん1日3回目の風呂だとエネルギー切れらしい。

手帳手記_20200714_火

ふと思うと、今の生き方は、40歳か、50歳か、いつかはわからないが、どこかのタイミングで人生が大きく変わり、とても良くなる、今はその道中だから我慢して苦しんでいる。みたいな考え方、思考になっているように思う。

しかし、最近は、そんな生き方じゃなくて、毎日幸せをしっかりと受け止めて、感じながら過ごす人生もあるのではないかと思ったりする。

手帳手記_202007xxx

30歳を0として次の30年をどう生きるかと考えると、
ヤハリ、アダルトなものを断って、トーカティブな生活をしたいと思うよ。

自分の会社を持って、
自由でやりがいのある生活を送っていたいと思うよ。
嫌なことがゼロになって、良いことだけが起こる毎日にしたいよ。

——-
やたらと天井を突き上げてくる様な、
電話をしていると、真下からドンと突きあげてくるような、
早朝の4時や5時にベッドの真下からドンと突きあげてくるような、そんな部屋で冷静に物事が考えられるだろうか?はたして、イエスキリストやブッダなんて人が居たら、目の前で見せてほしいもんだいったいどうやってこの状況をやり過ごすのかを。

——-
とは言え、そう不幸なことばかりではない。
いや本当に。
まず、引越しの資金はあるし、違約金の免除も話が成立している。
そして会社では昇給しているのだから、今の状態に文句を言うとバチが当たるってもんだ。

—–
それにしても孤独ってのは厄介だ。
厄介だからこうやって書いている訳だが。

—–
不意打ちのようにアレイを落とさなくて良い生活

きれいなタオル
きれいなパンツ
きれいな肌着で。

ちゃんとした服で
ちゃんとした状態で
人と接することができる
当たり前の毎日。

そんな状態で交わす人との会話。
友人との会話。
女性との会話。
そんな、一定の温度を常に保つような。

どこか退屈そうだけど、裏の無い、
うしろめたいことのないオープンな毎日。

そんな毎日を欲している。
そんな毎日なら、
そんな毎日なら、
たとえ一人でも、
どこか楽しそうだ。
どこかつながっていそうだ。

そんな毎日を求めてる。
そんな当たり前、普通な日々を。

手帳手記_20200626_金

ジョン・レノンじゃないが、
ヘルプ I need somebody って感じだ。
今日もやってしまった。
この6月はほぼ毎週アダルトなものを見ている。
せっかく会社の人間関係も引越しの話も上手く行っているのに、
これじゃせっかく良いことが起こっているのにまたすぐ悪くなっちまう。

—–
ライフで買い物しながら考えた。
結局、外見が多少太ってようが、お金が無かろうが、その人が豊かな時間を持っているならば、
格好良くなくても
お金持ちじゃなくてもいいんじゃないかと。

つまり、自分の人生に幸せを感じられているのなら、職種も、外見も、関係ないんじゃないかということだ。

—–
結局のところ、一番の大きな問題は、ずっと一人の道を歩いていることなんじゃないかということだ。

オンラインゲームでも良い
趣味のスポーツでも、サバゲ―でも、山登りでも何でもいい。
小学生の頃みたいに、
毎日他人と、できれば親しい友人と遊ぶような
最低でも関わるような、そんな日々を送っていないことが、このアダルトの輪
言い換えると依存症の輪から抜け出すことができない一番の理由なんじゃないかと直感的に思う。

それでどうする?
明日のテニスは行こうか。

それでどうする?

—–
30になってから始めること
それはまず友達をつくることだった。

なんて、どうだろう?

しかし、ここ何年か取り組んでいない新しい取り組みであることは間違いないな。

まずは筋トレ、
次は服、
次はやってみたいことをやる

手帳手記_20200623_火

30にもなると、いいオッサンだ。いいオッサンにもなると、なかなか他人に甘えるということができない。
甘えるということができないというと、つまり、自立だ。
自立と言うと、周りの助けやヘルプがなくても、やっていけるということだ。
周りの助力やヘルプがなくてもやっていけるとは、正に今の、恋人も居ない、友人も、友人以前に、会話できる相手すら居ないかの状況だが。そんな状態でも、やっていけるということだ。
なにはなくても、自分でできることはあるもんだ。
例えば自分であれば、筋トレなんてのは、毎日でも続けていられる。
そういう、自分にできることを丁寧に拾って、一つ一つ実行していく、それが

—–
Interestが枯渇している。
Interestingが。

こうも毎日理論ベースで進めていると、やけになりそうになる。
変化の何も起こらない毎日に。
なんなこと言ったって誰かが何かしてくれることはない。
そうなれば地道に一歩ずつ進んで行く他、あるまい?
道のりははるか遠くまで続いていたとしても、道中どう過ごすかはその人次第だ。
そこに制約はない。(はず)

—–
クレバーに進めろ
クレバーに

わずかな工夫をあきらめるな
わずかな工夫が大きな変化を生む

変化をあきらめるな
変化を

変化をあきらめるな
変化を

毎日は小さな積み重ね
1ヵ月前の自分を思い出せ

毎日は小さな積み重ね
毎日の自分が
明日をつくる

自由に泳げ長い道を
気楽に泳げ遠い道を

明日をあきらめるな
未来をあきらめるな

手帳手記_20200622_月

 人生、と、一言で言っても、人間の24時間は、というと個々の活動の組み合わせで成り立っている。
 そうするならば、そのいくつか個々の要素の良し悪しの、その総量が人生の満足、不満足を決めるのではないだろうか。
 言い換えれば、単純な話、極端な話、一日にあった悪いことの数がたとえ100個あったとしても、
 同じ日に101個の良いことがあれば、その一日は良い一日だったと言えるのではないかと思うのだ。(少し例が極端過ぎて説得力に欠けるな。)

 同じ様に考えると、一週間を、あるいは一か月を、例えば「仕事」、「私生活」、「スポーツ」、「交友関係」といったパーツに分けて考えて、それぞれのパーツの状態について評価できれば、例えば今満足できていないのは「仕事」と、「私生活」の2つだと見極められるんじゃないかと考えた。

 また、そこからさらに細分化して、仕事の中で、私生活の中で、不満があるのはどこか、細かいパーツを点検することができれば、生活の改善はあるいはもう少し楽なのかと思った。
 
 が、今だ実践できてはいないのだが。